めまいには、大きく分けると難聴を伴うものと、そうでないものがあります。難聴を伴うものには、内耳のリンパ液に異常をきたすメニエール病、ある日急に耳が聞こえなくなる突発性難聴、そして聴神経腫瘍などがあります。一方、難聴を伴わないめまいには、姿勢を変えると症状が出る頭位性めまい(良性発作性頭位めまい)や突然激しいめまいが起きる前庭神経炎などがあります。重心動揺検査によってふらつきのパターンを分析し、眼振(眼の痙攣)や症状が起きるタイミングなどを総合的に考慮して診断をします。